研究業績

 

研究業績

学会口頭発表


0. 白井良和・田中 寛・宮園 稔・久野英二: コナガにおけるBt剤抵抗性発達が幼虫発育期間及び蛹重に及ぼす影響, 第39回日本応用動物昆虫学会大会、帯広、1995.8
1. 白井良和,イスハック・ハサヌディン,松瀬倶子,上村 清,長崎一雄: 蚊忌避剤入り芳香剤のヒトスジシマカ雌成虫に対する忌避効力 第15回北陸病害動物研究会,金沢,1997.6
2.上村 清,松瀬倶子,島野智之,白井良和,吉田政弘,西尾恭好: 日本に上陸したセアカゴケグモについて(7)耐寒性試験と冬期における生息状況,第52回日本衛生動物学会西日本支部大会,京都,1997.10
3.白井良和,上村 清: 墓地の蚊幼虫に対するピリプロキシフェン粒剤の効力,
第13回日本ペストロジー学会富山大会,富山,1997.11
4.白井良和,上村 清,長崎一雄: Deet含有芳香剤の忌避効果,
第50回日本衛生動物学会大会,高知,1998.4
5.上村 清,白井良和,島野智之: 東北地方の蚊相について,
第50回日本衛生動物学会大会,高知,1998.4
6.白井良和,上村 清,関 太輔: 蚊誘引に関する研究例と今後の展開について,
第16回北陸病害動物研究会,福井,1998.6
7.白井良和,上原千春,上村 清,関 太輔,諸橋正昭: ヒト皮膚の生理学的状態とヒトスジシマカの
吸血誘引性に関する検討,第10回日本環境動物昆虫学会年次大会,宇治,1998.10
8.白井良和,上原千春,上村 清,関 太輔,諸橋正昭: ヒトスジシマカに対するL-乳酸およびL-リシンの吸血誘引性に関する検討,第53回日本衛生動物学会西日本支部大会,米子,1998.11
9.上村 清,松瀬倶子,白井良和,渡辺 護: 最近のコガタイエカの発生消長と農薬散布との関連について,第53回日本衛生動物学会西日本支部大会,米子,1998.11
10.野島浩史,市川友宏,大塚英治,倉石泰,白井良和,上村清:蚊刺によるマウスのアレルギー性そう痒症モデル作製の試み,日本薬学会第119年会,徳島,1999.3
11. 白井良和,上村清,関太輔,諸橋正昭:ヒト皮膚の生理学的状態とヒトスジシマカ吸血誘引性に関する検討(2),
第51回日本衛生動物学会大会,東京,1999.4
12. 上村清,白井良和:ロシア沿海州ウスリースクの夏期における蚊採集成績,
第51回日本衛生動物学会大会,東京,1999.4
13. 白井良和,上村清,関太輔,諸橋正昭:ヒトスジシマカが吸血を好む身体の部位について, 第17回北陸病害動物研究会,富山,1999.6
14. H.Ishak,竹上 勉,宮本千加子,白井良和,上村 清:石川県において蚊Culex tritaeniorhynchusから分離された日本脳炎ウイルスの分子生物学的解析,第17回北陸病害動物研究会,富山,1999.6
15. 白井良和,関太輔,諸橋正昭,北川慎也,津田孝雄:飲酒による汗中アルコールおよび発汗量の変動とヒトスジシマカ誘引との相関に関する検討,第7回日本発汗学会総会,仙台,1999.8
16. 大塚英治,市川友宏,野島浩史,倉石泰,白井良和,上村清:マウスの蚊刺によるアレルギー性掻痒反応とヒスタミンの役割,第9回国際痒みシンポジウム,大阪,1999.9
17. 白井良和,上村清,関太輔,諸橋正昭:証とヒトスジシマカ誘引との相関について,
第51回日本衛生動物学会東日本支部大会,浦和,1999.10
18. 白井良和,上村清,関太輔,諸橋正昭:BMI(body mass index),肥満度および体重とヒトスジシマカ誘引との相関について,第54回日本衛生動物会西日本支部大会,津,1999.10
19. H.Ishak, K.Kamimura, T.Takegami and Y.Shirai:MOLECULAR ANALYSIS OF JAPANESE ENCEPHALITIS VIRUS ISOLATED FROM CULEX TRITAENIORHYNCHUS IN ISHIKAWA, JAPAN, 第54回日本衛生動物会西日本支部大会,津,1999.10
20. 大塚英治,市川友宏,野島浩史,倉石泰,白井良和,上村清:蚊刺によるアレルギー性掻痒症の動物モデルと掻痒発生機序,第54回日本衛生動物会西日本支部大会,津,1999.10
21. 白井良和,関太輔,上村清,諸橋正昭,滝澤久夫:血液型および分泌・非分泌型と蚊に刺され易さについて, 第21回日本法医学会中部地方会,松本,1999.10
22. 白井良和,上村清,関太輔,諸橋正昭,北川慎也,津田孝雄:飲酒によりヒトスジシマカが誘引される要因について,第11回日本環境動物昆虫学会年次大会,奈良,1999.11
23. 上村清,松瀬倶子,白井良和,島野智之,吉田政弘,西尾恭好:日本に上陸したセアカゴケグモについて(8) -越冬調査と耐寒性試験-,第11回日本環境動物昆虫学会年次大会,奈良,1999.11
24. 白井良和,上村清,関太輔,諸橋正昭:発汗量とヒトスジシマカ誘引との相関について, 第15回日本ペストロジー学会大会,名古屋,1999.12
25. 白井良和,上村 清,関 太輔,諸橋正昭,滝澤久夫,北川慎也,津田孝雄: ヒトスジシマカを誘引する人体のファクターについて,第44回日本応用動物昆虫学会大会,水戸,2000.3
26. 白井良和,上村 清,関 太輔,諸橋正昭,滝澤久夫:ABO式血液型および分泌・非分泌型による ヒトスジシマカ誘引の相違,第52回日本衛生動物学会大会,那覇,2000.4.27. 大塚英治,野島浩史,白井良和,上村清,倉石泰: 蚊刺による痒み,第55回日本衛生動物学会西日本支部大会,名古屋,2000.10.28. 上村 清,松瀬倶子,白井良和,高橋華子,福田貴代,小向潤,鈴木賀代,荒谷美保,茂木幹義:
日本におけるネッタイシマカ土着の可能性について,第55回日本衛生動物学会西日本支部大会,名古屋,2000.10.29. 上村 清,白井良和,イスハック・ハサヌディン,松瀬倶子:日本における蚊媒介疾患流行の 可能性について,
第53回日本衛生動物学会大会,山形,2001.4
30. 上村 清、白井良和、HasanuddinIshak、松瀬倶子、竹上 勉:日本脳炎とデング熱の日本での流行の可能性について,
第36回日本脳炎ウイルス生態研究会、和倉(石川),2001.5
31. 上村 清、松瀬倶子、白井良和:蚊の系統維持 第56回日本衛生動物学会大会西日本支部大会,岐阜,2001.10<br>

32. 白井良和、中島祐美、上村 清:長野県における蚊の採集成績 第53回日本衛生動物学会大会東日本支部大会,上田(長野),2001.10
33. 上村 清、Hasanuddin Ishak、白井良和:日本における疾病媒介蚊の発生動向と環境変化 第13回日本環境動物昆虫学会大会,堺(大阪),2001.11
34. 近藤 昇、白井良和、中山純也、濱谷 剛、泉 譲、彦根良雄、岩佐賢一、元木 貢:
フィプロニル含有ベイト剤による飲食店・食料品店のチャバネゴキブリ駆除事例 第54回日本衛生動物学会大会東日本支部大会,相模原(神奈川),2002.9
35. 白井良和:蚊アレルギーに関する最近の情報とこれまでの報告例 第14回日本環境動物昆虫学会年次大会,吹田(大阪),2002.11
36. 白井良和、佐々木健、竹田文崇:東京都内A敷地における蚊発生調査 第19回日本ペストロジー学会大会, 大分, 2003.11
37. 白井良和、神久保貴恵:北海道における蚊の生息調査(2004) 第16回日本環境動物昆虫学会年次大会, 上伊那郡南箕輪村(長野), 2004.10.23
38. 白井良和:八千代市、佐倉市における蚊の生息調査(2004) 第56回日本衛生動物学会東日本支部大会, 川崎(神奈川), 2004.10.25
39. 白井良和:蚊の調査・防除事例(1)蚊発生源の盲点 第20回日本ペストロジー学会大会, 東京, 2004.11.19
40.白井良和:チカイエカの調査・駆除事例(1) 第57回日本衛生動物学会大会,札幌(北海道), 2005.6.3
41.白井良和:千葉県白井市と周辺における蚊の生息調査(2005) 第57回日本衛生動物学会東日本支部大会, 東京, 2005.11.5
42.白井良和:蚊防除の事例 第58回日本衛生動物学会大会 殺虫剤研究班集会, 長崎, 2006.4.6
43.白井良和:蚊捕獲器の室内試験における捕獲能力評価 第58回日本衛生動物学会大会, 長崎, 2006.4.7

学会ポスター発表

1. 関太輔,白井良和,上村清,諸橋正昭:蚊の吸血誘引性に及ぼす皮膚の生理学的状態の検討,第98回日本皮膚科学会総会,東京,1999.4

論文

白井良和、田中 寛、宮園 稔、久野英二
BT抵抗性コナガにおける内的自然増加率の低下、日本応用動物昆虫学会誌, 1998.5, 第42巻第2号, 59-64

上村 清、吉田政弘、西尾恭好、松瀬イネス倶子、島野智之、白井良和
大阪府内における管トラップを用いたセアカゴケグモの越冬調査(英文)
日本衛生動物学会誌 第50巻 第2号 137-140 1999年6月


上村 清、白井良和 東北地方の蚊の分布調査
日本環境動物昆虫学会誌 第10巻 第4号 169~179頁 1999年9月


竹上 勉、ハサヌヂン・イスハック、宮本千加子、白井良和、上村 清、木南義男
石川県における日本脳炎ウイルスの分離とその遺伝子解析
金沢医科大学総合医学研究所年報 第10巻 131~136頁 1999年12月

白井良和・関 太輔・諸橋正昭・北川慎也・津田孝雄.
飲酒による汗中アルコールおよび発汗量の変動とヒトスジシマカ誘引との相関に関する検討
日本発汗学会機関誌, 1999.12, 第6巻第2号, 68-71

Yoshikazu Shirai, Kiyoshi Kamimura, Taisuke Seki and Masaaki Morohashi
Proboscis amputation facilitates the study of mosquito (Diptera: Culicidae) attractants, repellents and host preference
J. Med. Entomol. 37: 637-639 2000

白井良和、上村 清、関 太輔、諸橋正昭
ヒトスジシマカの吸血誘引性に及ぼす証の影響
和漢医薬学雑誌 第17巻 第4号 151~156 2000

白井良和、上村 清
富山県の墓地内に設置した人工容器に発生した蚊幼虫に対するピリプロキシフェン粒剤の効力
ペストロジー学会誌 第15巻 第2号 81~85頁 2000年11月

Tsutomu Takegami, Hasanuddin Ishak, Chikako Miyamoto, Yoshikazu Shirai and Kiyoshi Kamimura
Isolation and Molecular Comparison of Japanese Encephalitis Virus in Ishikawa, Japan
Jpn. J. Infect. Dis., 53, 2000


Yoshikazu Shirai, Kiyoshi Kamimura, Taisuke Seki and Masaaki Morohashi
L-lactic acid as a mosquito (Diptera: Culicidae) repellent on human and mouse skin
J. Med. Entomol. 38: 51-54 2001

Eiji Ohtsuka, Sanae Kawai, Tomohiro Ichikawa, Hiroshi Nojima, Kanji Kitagawa, Yoshikazu Shirai, Kiyoshi Kamimura and Yasushi Kuraishi
Roles of Mast Cells and Histamine in Mosquito Bite-Induced Allergic Itch-Associated Responses in Mice
Jpn. J. Pharmacol. 86: 97-105 2001


Yoshikazu Shirai, Takao Tsuda, Shinya Kitagawa, Ken Naitoh, Taisuke Seki, Kiyoshi Kamimura and Masaaki Morohashi
Alcohol ingestion stimulates mosquito attraction
J. Am. Mosq. Assoc. 18(2): 91-96 2002


Yoshikazu Shirai, Hisashi Funada, Kiyoshi Kamimura, Taisuke Seki and Masaaki Morohashi
Landing sites on the human body preferred by Aedes albopictus
J. Am. Mosq. Assoc. 18(2): 97-99 2002

Yoshikazu Shirai, Hisashi Funada, Hisao Takizawa, Taisuke Seki, Masaaki Morohashi and Kiyoshi Kamimura
Landing preference of Aedes albopictus (Diptera: Culicidae) on human skin among ABO blood groups, secretors or nonsecretors, and ABH antigens
J. Med. Entomol. 41: 796-799 2004

災害時における感染症対策ー蚊のリスク ペストコントロール No.139:8-9 2007.7