媒介する病気

蚊がうつす病気には以下の病気があります。

マラリア

ハマダラカ類が媒介し、感染者は2億人とも言われる。日本では根絶されたが、海外で感染するケースや、飛行機内に侵入した蚊が、日本に運ばれ、日本の空港近くに逃げ出して付近の住民を吸血して感染させた例(エアポートマラリア)がある。

デング熱

ネッタイシマカ、ヒトスジシマカが媒介する。現在、日本での感染例はないが、海外(アジア、南米等)での感染危険性はある。

日本脳炎

コガタアカイエカ(コガタイエカ)が媒介する。現在では感染者が非常に少なくなったが、感染者は出ている。

黄熱

ネッタイシマカなどが媒介する。野口英世博士が亡くなった病気である。現在、日本での感染例はないが、中南米やアフリカでの感染例が出ている。

ウエストナイル脳炎

数種のイエカ、ヤブカが媒介する。1999年秋にニューヨークで感染者が発生し、問題となっている。日本への侵入が危惧される。

フィラリア症(糸状虫症)

アカイエカなどが媒介する。近年の日本ではほぼ根絶された。しかし、犬糸状虫症は感染例が多く、犬を蚊(特にアカイエカ)吸血から守る必要がある。

その他、蚊に刺されることによって、重篤なアレルギー症状を起こす蚊アレルギーの症例が報告されており、皮膚の壊死(えし)や死亡例さえあります。

2000年10月、11歳から66歳までの男女114名を対象に行ったアンケートで上記の蚊媒介性疾病を知っているかどうかを尋ねたところ、知っている人の割合が、下記の表のようになりました。マラリア、日本脳炎の知名度が高く、デング熱やウエストナイル脳炎の知名度は非常に低い結果でした。
マラリア 80.7%
日本脳炎 73.7%
フィラリア症 50.0%
黄熱 21.9%
デング熱 21.1%
ウエストナイル脳炎 8.8%
リフトバレー熱 1.8%