日本の蚊の種類

日本にいる蚊の種類は?

 「日本にいる蚊は約100種類、血を吸う蚊は30種類」と言われていますが、具体的に列挙してみました。
30年前に発行の文献からですので、多少見直しなどはあります。「○○年以来採集記載なし」というのは除きました。そうすると、103種類です。

1
モンナシハマダラカ
2
オオツルハマダラカ
3
チョウセンハマダラカ
4
ヤマトハマダラカ
5
オオモリハマダラカ
6
オオハマハマダラカ
7
シナハマダラカ
8
エセシナハマダラカ
9
ヤツシロハマダラカ
10
コガタハマダラカ
11
タテンハマダラカ
12
トワダオオカ
13
ヤマダオオカ
14
キンパラナガハシカ
15
オキナワカギカ
16
ヤンバルギンモンカ
17
マダラコブハシカ
18
ルソンコブハシカ
19
アシマダラヌマカ
20
ムラサキヌマカ
21
キンイロヌマカ
22
フタクロホシチビカ
23
ストウンチビカ
24
ムネシロチビカ
25
シロオビカニアナチビカ
26
ハラグロカニアナチビカ
27
オキナワチビカ
28
マクファレンチビカ
29
ハマダラナガスネカ
30
アマミムナゲカ
31
トカチヤブカ
32
ヒサゴヌマヤブカ
33
セスジヤブカ
34
アカンヤブカ
35
ハクサンヤブカ
36
キタヤブカ
37
ダイセツヤブカ
38
サッポロヤブカ
39
チシマヤブカ
40
カラフトヤブカ
41
ハマベヤブカ
42
ムネシロヤブカ
43
オキナワヤブカ
44
ハトリヤブカ
45
ヤマトヤブカ
46
コバヤシヤブカ
47
エセチョウセンヤブカ
48
シロカタヤブカ
49
ブナノキヤブカ
50
セボリヤブカ
51
トウゴウヤブカ
52
ワタセヤブカ
53
カニアナヤブカ
54
ネッタイシマカ
55
ヒトスジシマカ
56
ヤマダシマカ
57
ダウンスシマカ
58
ミスジシマカ
59
リバーズシマカ
60
タカハシシマカ
61
オオムラヤブカ
62
キンイロヤブカ
63
コガタキンイロヤブカ
64
エゾヤブカ
65
ホッコクヤブカ
66
アカエゾヤブカ
67
アカフトオヤブカ
68
クロフトオヤブカ
69
クロコガタフトオヤブカ
70
オオクロヤブカ
71
ミスジハボシカ
72
ヤマトハボシカ
73
サキジロカクイカ
74
トラフカクイカ
75
イナトミシオカ
76
カギハシクロウスカ
77
コガタクロウスカ
78
オキナワクロウスカ
79
エゾウスカ
80
ハラオビツノフサカ
81
フトシマツノフサカ
82
クロツノフサカ
83
アカツノフサカ
84
カニアナツノフサカ
85
キョウトクシヒゲカ
86
クロフクシヒゲカ
87
アカクシヒゲカ
88
リュウキュウクシヒゲカ
89
ヤマトクシヒゲカ
90
カラツイエカ
91
オガサワライエカ
92
オビナシイエカ
93
ミナミハマダライエカ
94
ハマダライエカ
95
ネッタイイエカ
96
チカイエカ
97
アカイエカ
98
シロハシイエカ
99
ミツホシイエカ
100
ヨツホシイエカ
101
コガタイエカ
102
スジアシイエカ
103
セシロイエカ

このうち、血を吸う蚊の種類ですが、カエルやヘビなどの冷血動物吸血種は除き、哺乳類、鳥類、ヒトなどの「温血動物吸血」の種類を挙げますと、52種類です。「30」と言われていた数より、かなり多いです。

1
オオツルハマダラカ
2
チョウセンハマダラカ
3
ヤマトハマダラカ
4
オオハマハマダラカ
5
シナハマダラカ
6
エセシナハマダラカ
7
コガタハマダラカ
8
キンパラナガハシカ
9
アシマダラヌマカ
10
キンイロヌマカ
11
トカチヤブカ
12
ヒサゴヌマヤブカ
13
セスジヤブカ
14
アカンヤブカ
15
ハクサンヤブカ
16
サッポロヤブカ
17
チシマヤブカ
18
カラフトヤブカ
19
オキナワヤブカ
20
ハトリヤブカ
21
ヤマトヤブカ
22
コバヤシヤブカ
23
エセチョウセンヤブカ
24
シロカタヤブカ
25
ブナノキヤブカ
26
トウゴウヤブカ
27
ワタセヤブカ
28
ヒトスジシマカ
29
ヤマダシマカ
30
ダウンスシマカ
31
ミスジシマカ
32
リバーズシマカ
33
オオムラヤブカ
34
キンイロヤブカ
35
アカエゾヤブカ
36
アカフトオヤブカ
37
クロフトオヤブカ
38
クロコガタフトオヤブカ
39
オオクロヤブカ
40
ミスジハボシカ
41
イナトミシオカ
42
カラツイエカ
43
オガサワライエカ
44
オビナシイエカ
45
ネッタイイエカ
46
チカイエカ
47
アカイエカ
48
シロハシイエカ
49
ミツホシイエカ
50
ヨツホシイエカ
51
コガタイエカ
52
セシロイエカ

なお、小笠原や八重山などの離島にしかいない種類、わずかしか採集記録がない種類、積極的に吸血しない種類を除くと、「30」という表現でも当てはまると思います。

参考文献: 「蚊の科学」(佐々学、栗原毅、上村清)